エアコンや照明の無線通信の接続状況をスマホに表示させる特許発明(IOデータ)を紹介



 今回は、Wi-Fiなどで通信できるエアコンなどの家電のWi-Fi接続の状態を確認する方法に関する特許を紹介します。

 従来のエアコンや照明の無線通信の接続状況が分かりにくいという問題があります。

 この発明では、エアコンや照明の無線通信の接続状況をスマホに表示させます。これにより、使用者が家電機器の無線通信の接続状況を知ることができます。



スポンサードリンク

エアコンや照明の無線通信の接続状況が分かりにくい問題

 エアコンなどの家電機器がWi-Fiなどの無線通信で接続されることが多くなっています。

 エアコンなどの家電機器は、表示画面をもたないものがあります。また、エアコンや照明装置に仮に表示画面があったとしても、その表示画面が使用者から見えにくい位置にあることもあります。

 その場合、使用者にとって、家電機器の無線通信の接続状況が分かりにくいという問題があります。

エアコンや照明の無線通信の接続状況をスマホに表示させる


 この発明のシステムでは、家電機器の無線通信の接続状況を、スマホなどの携帯端末に表示することができます。

 具体的には、まず、家電機器の無線通信の接続情報をスマホが取得します。例えば、接続情報が書き込まれたQRコードをスマホで読み込むことによって取得します。

 次に、スマホは、取得した接続情報をWi-Fiのアクセスポイントに送信します。

 アクセスポイントは、スマホから取得した接続情報を使って家電機器とWi-Fiの接続をし、その接続の状況をスマホに通知します。

 このようにすることで、アクセスポイントと家電機器の接続の状況をスマホで表示することができます。使用者は、スマホの画面に表示される情報から、アクセスポイントと家電機器の接続の状況を知ることができます。

 このようにして使用者が家電機器の無線通信の接続状況を知ることができます。

 特許第6407394号 株式会社アイ・オー・データ機器
 出願日:2017年11月22日 登録日:2018年9月28日

【課題】
家電機器と無線ネットワーク機器との接続を容易に行なうことができる無線接続システムを提供する。
【請求項1】
 複数の通信識別子ごとに通信を確立できる無線ネットワーク機器と、
 前記無線ネットワーク機器と通信接続された携帯端末と、
 通信設定が可能な通信機器と、を含み、
 前記携帯端末は、
 前記通信機器の通信設定における通信識別子情報と暗号化設定情報とを含む接続情報を取得する接続情報取得機能と、
 前記接続情報を前記無線ネットワーク機器に送信する接続情報送信機能と、を有し、
 前記無線ネットワーク機器は、
 前記ネットワーク機器が確立済みの通信とは別の通信として前記携帯端末から送信された通信識別子情報と暗号化設定情報とを含む前記接続情報に基づいて前記通信機器と無線接続し、
 前記無線ネットワーク機器と前記通信機器との前記無線接続の接続状況を判定し、
 前記接続状況を、前記携帯端末に送信する状況送信機能をさらに含む、ことを特徴とする無線接続システム。

今日のみどころ

 家電機器のWi-Fi接続の状況をスマホの画面で確認できるようにする特許発明です。

 スマホの画面はいろいろな情報の表示に使えて便利ですよね。さらに家電機器の接続状況もスマホに表示させてしまうというアイデアです。

 スマホは、画像の表示、音の入出力など、人とやりとりする機能を一通り備えているので、情報端末として上手に使えます。こういう視点でスマホを利用したアイデアを考えてみましょう。