“D”を「デー」、”T”を「テー」と読む人が通信業界に多いと私が思う理由

 普通は、”D”を「ディー」、”T”を「ティー」と読むことが多いですが、”D”を「デー」、”T”を「テー」と読む人が通信業界に多いと思います。なぜなのでしょうか。

 情報技術業界の動向と、その中での通信業界の動向とに基づいた、私の考えを以下で紹介します。

「デー」、「テー」から「ディー」、「ティー」へ

 そもそも、科学技術などでは英語由来の外来語が多く入ってきています。昔の日本人は、このような外来語を表現するのに”D”を「デー」、”T”を「テー」と発音していました。

 そのうち、もともとの英語の発音に近い発音にすべく、”D”を「ディー」、”T”を「ティー」と発音するようになりました。一方、昔のように”D”を「デー」などという発音の仕方がかっこ悪い、恥ずかしいという風潮になりました。おっさんくさい、じじくさい、といってもいいと思います。

「ディー」、「ティー」だと正しく伝わらない問題

 しかし、”D”を「ディー」などと発音することにすると、電話などで連絡するときに聞き間違いが起こりやすいという問題が生ずるようになりました。具体的に言えば、話し手が「ディー」と言った場合、聞き手は「イー」なのか、「ビー」なのか、「ピー」なのかわからず、うまく伝わらないということです。

 このような場合、いくら言い直しても伝わらず、例えば「エービーシーディーのディー」みたいにしてなんとか伝えることになるのですが、だいぶ面倒です。

 また、言い直しの機会があればまだましで、聞き間違えたままで受け取られると問題になります。日常会話ならまだしも、ビジネス上では聞き間違いを極力避ける必要があります。

正しく伝えるための「デー」、「テー」

 そこで、口頭(特に電話)で正しく伝えるために、「デー」、「テー」などの言い方が使われるようになっています。正しく伝えるための一種のノウハウと言えます。上記の問題を認識している人同士であれば恥ずかしくもなく当然のように使います。

 このようにして、口頭で正しく伝えるために「デー」などが使われると考えられます。

 これだけなら、通信業界に限らず、外来語が入っているさまざまな業界に共通のことです。私はどうも、通信業界特有の事情があるように思うのです。

情報技術業界では「デー」が消えかけ、通信業界では残存

 上記のような風潮がある中でも、時代が進み、どんどん若い人が社会に供給されてきます。若い人は、電話で正しく伝えるため、というようなノウハウなんかかまわずに、「ディー」、「ティー」を使い始めます。また、ビジネスシーンで外国人とのやりとりを行う人も昔より増えています。

 その結果、情報技術業界全体的には、「ディー」、「ティー」が優勢になってきていると思います。

 しかし、通信業界はこの流れが遅いと思うのです。情報技術業界全体から見ると、それほど人気というわけでもない分野であるせいか、若い人の供給が少なく、またベテランの人の活躍が大きいので、新陳代謝が遅いのではないでしょうか。そのため、『正しく伝えるための「デー」、「テー」』が根強く残っているのだと思います。

 ”D”を「デー」、”T”を「テー」と読む人が通信業界に多いと私が思う理由はこれです。


*1 ただし、「デー」、「テー」の発音は、あくまで電話などで間違いを起こさないための発音なので、それ以外の場面(例えば日常会話)では「ディー」などを使います。

今日のみどころ

 ビジネスシーンではあえて日常会話と異なる言葉遣いをすることがあります。このような言葉遣いをする理由を自分なりに考えてみるのもおもしろいです。