「 コラム 」一覧

ビジネスモデル特許のネタ出しに使える方法/ビジネスモデル特許を取るまでの流れ

 会社や個人で行っているビジネスモデルを特許で守れるのでしょうか。ビジネスモデル特許というのを聞いたけどとってみたい。

 このような思いを持っている人からビジネスモデル特許を自分もとれるのかという問い合わせを受けることがあります。

 この記事では、ビジネスモデル特許をとるための考え方を説明します。どのような発想からビジネスモデル特許につなげていけるかについても説明します。

 私は特許事務所でクライアントの発明の特許をとるお手伝いをする仕事をしています。ビジネスモデル特許のお仕事も、普通の特許のお仕事と同じようにさせていただいて、特許査定もとれています。

 この記事を読めば、ビジネスモデル特許を取ることに一歩前進できます。

続きを読む


【コラム】ビジネスモデル特許と普通の特許の違い/手続き的な違いはないです

 私は、特許事務所でクライアントの特許の成立のお手伝いをする仕事をしています。

 仕事上でも仕事外でも、ビジネスモデル特許というのはどういうものなのか聞かれることが多いです。

 「ビジネスモデル」という名前がついているので、お金を設ける仕組みの特許なのかなと思う人も多いと思います。これは半分あっているようで、あと半分はちょっと違う感じです。

 そこで、ビジネスモデル特許というのはどういうものか、普通の特許とビジネスモデル特許との違いなどについて説明します。

続きを読む


【特許にかかるお金まとめ】特許をとるまでにいくら必要か/特許を維持するのにいくら必要か

 特許ってどれくらいのお金がかかるんだろう。

 特許をとるまでにかかるお金、特許を維持するのにかかるお金がどれくらい必要かについて、だいたいいくらくらいなのか知りたい。会社の予算を考えないといけないし、もしすごく高いんだったら特許とるのやめるし。

 そんな疑問に答えます。

 私は特許事務所で特許出願の明細書などを作成する仕事をしていまして、クライアントから聞かれることも多いですし、仕事外でも聞かれることもあります。ネット上にもあまり適当な情報がなく、知っている人も多くないので当然かもしれません。

 特許事務所に気軽に問い合わせることができればいいけど、ちゃんとした依頼ができない状態で聞いてもいいのかよくわからないし、そんなにお金もないし、なんか嫌やなことを言われたらいやだし。。

 この記事を読めば、特許にかかるお金がいくらくらいか、そのお金がいつ必要になるか、だいたいわかります。

続きを読む


【コラム】特許のネタの出し方・探し方/特許のノルマ達成に役立つ

 私は以前、通信機器メーカのエンジニア(研究開発職)をしていまして、自分のアイデアでいくつか特許を成立させた経験があります。いまは特許事務所でクライアントのアイデアを特許化する仕事をしています。

 特許のネタを探している人は「なんかいい特許ネタないかな」と思ってますよね。。私も研究開発職のときにはよく悩んでいました。

 こんな悩みは昔からあるもので、アイデアの発想法というものもあります。私もエンジニアのときに会社の教育で習いましたが、実際には使いにくかったです。

 そこで、技術者視点での特許ネタの考える時のおススメの方法について、私の経験も交えて紹介します。

続きを読む


【コラム】「網側(もうがわ)」とは「ネットワーク側」の意味

「網側(もうがわ)」とは「ネットワーク側」の意味

 通信技術系で「網側」という言葉をよく使います。読み方は「あみがわ」ではなく「もうがわ」。

 私は通信機器メーカで10年ほど技術開発をしていまして、その後、特許事務所で出願書面の作成などの仕事をして7年近くになります。学会発表や特許出願の経験から、技術用語にもけっこう気を使ってきています。

 「網側」の意味や使用事例を説明します。

続きを読む