「 2015年11月 」一覧

2個のアンテナで送受信して取得した衝突率でチャネル変更する特許発明 NEC通信システム テレコグニックス

JPB_005773423_fig1

 周囲の電波の状況に基づいて無線通信を行う際のパラメータを変更する無線通信機に関する発明です。

 この発明の無線通信機は、2個のアンテナを備えており、2個のアンテナにより実際に送受信するパケットから衝突率を導出し、無線通信のパラメータ(通信チャネル、パケットサイズ、又は、通信ルート)を変更します。これによりデータの伝送効率を向上させます。

 特許第5773423号(特開2013-5097) 日本電気通信システム株式会社 株式会社テレコグニックス
 出願日:2011年6月14日 登録日:2015年7月10日

続きを読む


通信を抑制しながら暗号鍵記憶領域の断片化を解消する無線APの特許発明 サイレックス・テクノロジー

JPB_0005747194_fig5

 無線LANのアクセスポイントに関する発明です。従来のアクセスポイントは、暗号鍵の記憶領域の断片化により新しい暗号鍵を記憶できない状態になる問題がありました。

 このアクセスポイントは、通信を抑制する信号を送信した後に断片化を解消する処理をします。これにより、暗号鍵などの通信パラメータを効率よく管理することができます。

 特許第5747194号(特開2013-175884) サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2012年2月24日 登録日:2015年5月22日

続きを読む


フロー単位で別の通信回線に移動させてオーバフローを回避する特許発明 ATR

JPB_0005720007_fig10

 複数の通信回線を同時並行的に使用して無線通信する移動端末装置に関する発明です。

 複数の通信回線(経路)のいずれかがオーバフローした(送信側が送信したい送信レートが利用可能な帯域を超えた)ときに、この通信回線を通るフローを別の通信回線に移動させることでオーバフローを回避します。

 特許第5720007号(特開2012-175563) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
 出願日:2011年2月23日 登録日:2015年4月3日

続きを読む


TCP/IP通信品質が低下すると接続APを切替える通信機器の特許発明 サイレックス・テクノロジー

JPB_0005659350_fig3

 無線LAN機器における、接続先のアクセスポイント(AP)の切り替えに関する発明です。上位のアプリケーションレイヤで高い通信品質が確保できるとは限らないという問題を解決する発明です。

 この発明では、複数のアクセスポイント(AP)に接続可能な通信機器が、TCP/IP通信の品質の低下に基づいて接続先のAPを切り替えます。これによりアプリケーションレイヤの通信品質を高く維持することができます。

 特許第5659350号(特開2013-009130) サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2011年6月24日 登録日:2014年12月12日

続きを読む


周波数帯域が近いアンテナ同士を離して干渉を回避する情報機器の特許発明 東芝

JPB_0004216865_fig2

 複数の無線方式で通信可能な情報機器でのアンテナの配置に関する発明です。近い周波数帯域の干渉による電波の送受信の問題を解決する発明です。

 この情報機器では、送受信する電波の周波数帯域が近いアンテナ同士を離して配置します。これにより、アンテナ間の干渉を回避することができます。

 特許第4216865号(特開2007-318678) 株式会社東芝
 出願日:2006年5月29日 登録日:2008年11月14日

続きを読む