「 2017年06月 」一覧

アンテナ切替周期を変えて受信ダイバシティでの受信確率を上げる発明 パナソニック

 家庭内ネットワークのアクセスポイントの受信ダイバシティ技術に関する発明です。従来、この技術では、適切なアンテナで受信できない問題があり、この問題を解決する発明です。

 この発明のアクセスポイントは、アンテナが正常に受信できた比率に等しくなるようにアンテナ切り替え周期を設定します。これにより、無線信号を正常に受信できる確率を上げることができます。

 特許第6128489号 パナソニックIPマネジメント株式会社
 出願日:2013年5月21日 登録日:2017年4月21日

続きを読む


TCPのスループット向上と即時性を両立するTCP性能改善技術の発明 サイレックス

 TCPの性能改善技術LRO(Large recieve offload)では、スループットが向上する反面、即時性(リアルタイム性)が損なわれる問題があります。この問題を解決する発明です。

 この発明の通信装置は、特定のイベント発生時までデータを蓄積します。そして、蓄積したデータをイベント発生時にTCP/IPアプリに送信します。これにより、スループットの向上と即時性を両立します。

 特許第5994067号 サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2013年7月31日 登録日:2016年9月2日

続きを読む


近接無線通信を利用した来場検知でアフィリエイト報酬を加算する発明 バリューコマース

 店舗に来場するタイプのアフィリエイトで、店舗に来場したかを判定するには、システム構成が複雑化するなどの問題があります。この問題を解決する発明です。

 この発明のシステムは、非接触ICカードをリーダにかざすことと、特定のURLにアクセスすることだけで、来場したことを判定します。これにより、システム構成を複雑化せずに問題を解決します。

 特許第5210707号 バリューコマース株式会社
 出願日:2008年5月13日 登録日:2013年3月1日

続きを読む


一時的な転送量の低下があってもアイソクロナス転送を維持する発明 サイレックス

 USB等のデータ通信で使われるアイソクロナス転送が、一時的なデータ転送量の低下により終了されてしまう問題を解決する発明です。

 この発明のデバイスサーバは、データ転送量の原因が回復可能なエラーと判定される場合にはアイソクロナス転送を終了させないための信号を生成して送信します。これにより、アイソクロナス転送を維持します。

 特許第6090751号 サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2013年9月27日 登録日:2017年2月17日

続きを読む