「 2016年09月 」一覧

看護師が呼び出しに迅速に対応できるナースコールシステムの発明 医療情報技術研究所

jpb_0005813199_fig4

 病院などに設置される、IPフォンを用いたナースコールシステムに関する発明です。
 このナースコールシステムでは、ベッドサイドに設置されたボタン又はセンサ等からアラーム情報を受取ってIPフォンに送信することに加えて、そのアラーム情報の履歴をIPフォンに提供します。看護師はIPフォン上のアラーム情報の履歴を閲覧することで、遅れることなく、漏れなく、患者の対応をすることができます。

 特許第5813199号 株式会社医療情報技術研究所
 出願日:2014年10月16日 登録日:2015年10月2日

続きを読む


拡張用コネクタを用いずにゲーム機器と赤外線通信する周辺機器の発明 任天堂

jpb_0005926773_fig1

 携帯ゲーム機器の周辺機器に関する発明です。この周辺機器は、操作部(スライドパッド)を備えており、携帯ゲーム機器と固定されます。そして、操作部が受けた操作の情報を携帯機器との間で赤外線又は無線通信でやりとりします。

 これにより、拡張用コネクタを用いずに周辺機器と携帯機器とを通信可能に接続し、周辺機器が受けた操作情報を携帯機器に送信することができます。携帯機器の一例は任天堂の3DSで、周辺機器の一例は3DS専用拡張スライドパッドであると考えられます。

 特許第5926773号(特開2014-209373) 任天堂株式会社
 出願日:2014年6月26日(分割の原出願日:2011年9月5日) 登録日:2016年4月28日

続きを読む


「超」スタンバイモードで消費電力を削減する無線端末の発明 シャープ

JPB_0005925636_fig4

 Bluetoothなどの近距離無線通信を行う無線通信端末に関する発明です。
 この無線端末は、近距離無線通信の通信相手との距離が大きくなると、CPUへの電力供給を停止(通信インタフェースへの電力供給は維持)する「超スタンバイモード」に遷移します。超スタンバイモードは、消費電力が2mA程度になる低消費電力状態です。これにより、普通のスタンバイモードより高い消費電力低減効果を発揮します。

 特許第5925636号(特開2014-36433) シャープ株式会社
 出願日:2012年8月10日 登録日:2016年4月28日

続きを読む


省電力マルチホップ通信で通信遅延を回避する発明 パナソニック

JPB_0005927540_fig9

 この発明の中継装置は、周囲のノードが送信するパケットを監視し、自装置が代理ACKを送信すべきか否かを判定します。そして代理ACKを送信すべきと判定したときに、代理ACKを送信するとともに、非アクティブ期間内に拡張アクティブ期間を設定します。
 この拡張アクティブ期間に代理ACKの送信などが行われるので、パケットの中継に遅延が生ずることが未然に回避され、送信元ノードでの処理に生じ得る不整合も回避されます。

 特許第5927540号(WO2012/002324) パナソニックIPマネジメント株式会社
 出願日:2012年4月3日 登録日:2016年5月13日

続きを読む