「 CAN 」一覧

車載ネットワークでECUのソフトウェア更新を安定化する発明 トヨタ

JPB_0005884716_fig1

 車載ネットワーク(CAN)における電子制御装置(ECU)のソフトウェアの書き換え時の通信に関する発明です。車両の複数の電源状態(OFF, ACC, IG_ONなど)それぞれに対して、LAN同士を接続する中継装置が通信をする否かが予め定められています。ソフトウェアの書き換え対象のECUにソフトウェアを送信するときには、そのときの車両の電源状態で通信できる経路を判断して、その経路でソフトウェアを送信します。
 これにより、通信が安定した経路でソフトウェアを送信することができるので、ソフトウェアの更新の失敗を減らすことができます。

 特許第5884716号(特開2014-113952) トヨタ自動車株式会社
 出願日:2012年12月11日 登録日:2016年2月19日

続きを読む


車載ネットワークの空きタイミングを予測して遅延を低減する発明 トヨタ

JPB_0005843020_fig1

 車載ネットワークでの通信メッセージ(以降「メッセージ」)の送信方法に関する発明です。この発明の通信装置は、ネットワークを監視し、ネットワーク上にメッセージが流れているタイミングを取得します。
 そして、取得したタイミングに基づいて今後にネットワークにメッセージが流れないタイミングを予測し、その予測したタイミングにメッセージを送信します。これにより、メッセージの送信タイミングを他の通信装置とずらすための調停(アービトレーション)が生じることを抑制し遅延を低減します。

 特許第5843020号(WO2014/045354) トヨタ自動車株式会社
 出願日:2012年9月19日 登録日:2015年11月27日

続きを読む


車載ネットワークでプログラムごとにアクセス制限する装置の発明 オートネットワーク技術研究所

JPB_0005900390_fig2

 車載ネットワーク(例えばCAN)でのアクセス制限装置に関する発明です。このアクセス制限装置は、車内ネットワークにおいて送受信される情報に対するアクセスを、そのアクセス元のプログラムごとに制限します。
 この制限を行うために、アクセス権限のレベルがプログラムごとに割り当てられており、また、アクセスを許容するアクセス権限のレベルが情報ごとに設定されています。これにより、例えば車両の製造メーカのプログラムだけにエンジン制御情報についてのアクセスを許容する、というようなアクセス制限ができます。

 特許第5900390号(特開2014-168219) 株式会社オートネットワーク技術研究所
 出願日:2013年3月18日 登録日:2016年3月18日

続きを読む


ECU間の通信の途絶がないように経路情報を更新する中継装置の発明 デンソー

JPB_0005900286_fig2

 車載通信システムにおいてECUのような通信ノード(以降「ノード」)間の情報通信を中継する中継装置に関する発明です。この車載通信システムでは、各ノードが、他のノードとの通信が途絶しているか否かを示す情報(途絶情報)を生成して記憶しています。
 中継装置は、各ノードから途絶情報を収集することで、どのノードとどのノードとの通信が途絶しているかを把握し、途絶している通信ができるように自動的に経路情報(ルーティング情報)を更新して、データフレームの中継をします。
 これにより複雑な手動設定作業を行うことなくノード間の適切な情報通信がなされます。

 特許第5900286号(特開2014-90249) 株式会社デンソー
 出願日:2012年10月29日 登録日:2016年3月18日

続きを読む


コネクタを用いず可視光通信で外部に診断情報を送信する車載ECUの発明 NEC通信システム

JPB_0005804490_fig2

 従来、自動車の診断情報を外部の端末に出力するために、そのためのコネクタなどの通信インタフェースを搭載する必要がありました。

 この発明の電子制御ユニットは、ヘッドライトなどの照明装置による可視光通信によって外部に診断情報を送信します。これにより、コネクタなどの通信インタフェースを搭載することなく、情報を外部に出力することができます。

 特許第5804490号(特開2012-171449) 日本電気通信システム株式会社
 出願日:2011年2月21日 登録日:2015年9月11日

続きを読む