【解説】特許の請求項が読みにくい/前記(ぜんき)の意味や言い換えをわかりやすく解説



【解説】特許の請求項が読みにくい/前記(ぜんき)の意味や言い換えをわかりやすく解説

 特許は、アイデアを守るための権利です。その守る範囲を決めるのが特許の書面の中に書かれている「請求項」という部分です。

 でもこれがかなり読みにくい。とっつきにくい。わざと読みにくく書いてあるんちゃうか、と思われるくらいに読みにくい。

 読みにくい原因の1つは、ふつうの日本語にはない「前記」(ぜんき)とか「該」(がい)という言葉。

 「前記」の意味がわかれば、請求項のとっつきにくさが減ります。

 私は特許事務所でクライアントの特許の権利化をお手伝いする仕事をしていて、日々、特許の書面を作ったり読んだりしています。その経験を踏まえて簡単に解説します。

 「前記」の意味や使い方を知って、特許の仕事に役立てましょう。



スポンサードリンク

請求項(クレーム)は特許の範囲を規定する大事な部分/前記は請求項で使う

 特許の書面の中でも特に大事なのが「請求項」という部分です。正確には、「特許請求の範囲」という書面の中に「請求項」が書かれています。請求項は、「クレーム」ともいいます。

 「特許請求の範囲」は、権利の内容が箇条書きになっているような感じで、その1つ1つが請求項(クレーム)です。

 請求項は、特許の範囲を決める大事な部分です。土地に例えると、登記の書面などで、どこからどこまでが自分の土地かを示したりしますが、それと同じような役割といえます。

 審査のときには、請求項に書かれた内容で審査されますし、権利が成立したら、請求項に書かれた内容が自分の権利範囲ということになります。

 請求項は、特許の顔であり、心臓部である、大事な部分です。

 請求項に使う言葉1つ1つで、権利の範囲(土地の範囲みたいなもの)が広くなったり狭くなったりするので、書き手は、範囲がなるべく広くなるように気を付けながら言葉を選んで請求項を書きます。

 そして「前記」は請求項で使われます。

実際の請求項(クレーム)の例

 実際の特許の請求項は、例えばこんな感じになっています。

【請求項1】(特許第6191503号)
 情報を取得する情報取得部を備え、情報取得部による情報の取得を車室内の乗員に報知する報知装置であって、
 車両の位置情報を取得する位置情報取得部と、
 車内灯の複数の発光態様を記憶する記憶部と、
 前記情報取得部が情報を取得した場合、前記位置情報取得部が取得した位置情報及び前記記憶部が記憶する情報に基づいて、前記車内灯の発光態様を特定する特定部と、
 特定部が特定した発光態様で前記車内灯が発光するように車内灯の発光制御を行う制御部と
 を備える報知装置。

   (「前記」と「該」の強調はこちらでしました。)

 基本的に漢字がたくさんで読みにくい。そして、「前記」と「」という見慣れない言葉が名詞の前についている。

 このあたりがとっつきにくさの原因ですよね。

「前記」の意味、言い換え→「その」「上記」「前述の」など

 請求項は、特許の内容を厳密に決めるために、ふだん使わないような言葉を使います。その1つが「前記」という言葉。「該」、「当該」というのもあります。

 「前記」の意味はそんなに難しくなくて、「その」、「この」、「上記」、「前述の」というような、前に出てきた用語をさす意味です。英語の”The”とだいたい同じと考えてOKです。

 本当にそれだけ。なんとなく難しそうに見えるのですが、本当にその意味だけです。

「前記」があるのとないのとでどう違うか

 「前記」の意味がわかったところで、次に気になるのが、「前記」があるのとないのとでどれくらい違うか、ということですね。

 あってもなくてもいいのなら、なくていいじゃんということになるのですが、それだといまひとつ厳密にならないので、「前記」を使うことになっています。

 「前記」がつくと、つかない場合に比べて、意味が狭くなります。

「前記」があるのとないのの例

 例えばこの2つの文を比べてみます。(1)は「前記」がない文で、(2)は「前記」がある文です。

(1)私はりんごをもっている。りんごをあなたにあげる。
(2)私はりんごをもっている。前記りんごをあなたにあげる。

 まず(1)について、第一文で「私はりんごをもっている」といっています。第二文「りんごをあなたにあげる。」にでてくる「りんご」は、第一分の「私」がもっているりんごのことを指している場合もあるし、そうでないりんご(例えば、その辺におちているりんご)を指している場合もあります。

 これに対して、(2)の第二文「前記りんごをあなたにあげる」の「前記りんご」は、第一文の「私」がもっているそのりんごのことだけを指しています。

 「前記」を他の言葉に置き換えるとこんな感じになります。

(2-1)私はりんごをもっている。そのりんごをあなたにあげる
(2-2)私はりんごをもっている。私がもっているそのりんごをあなたにあげる

 つまり、(2)の第二文の「前記りんご」は、(1)の第二文の「りんご」より、意味が狭いということです。

「前記」なしでよんでみてもいい

 「前記」の意味がわかったところで、では、請求項をささっと読むにはどうしたらよいか。

 厳密さを少し犠牲にするなら、「前記」を完全に無視して読んでみるのもよいです。上の例では、「りんご」と「前記りんご」の言葉の広さを説明しましたが、どっちみち「りんご」であると、そのくらいのざっくり感でよいなら、「前記」を完全に無視して読んでみましょう。

 それでだいたいの意味がつかめたら、「前記」を意識して読みます。すると、「りんご」が、なんでもよい「りんご」なのではなく、「私がもっているそのりんご」だけに限定されます。

 このようにすると、「前記」をあまりおそれずに請求項を読んでいけると思います。

「前記」は、原則、明細書では使いません/例外あり

 なお、「前記」は、特許の書面のうちの請求項の記載に使うことになっているようです。権利範囲を定めるために厳密な記載が必要だからだと思われます。

 一方、特許の書面のうちの「明細書」は、技術の内容をある程度わかりやすい言葉で説明する書面ですが、明細書では、原則的には「前記」を使いません。

 明細書の中で「前記」の意味を表現する場合には、「その」、「この」、「上記」、「当該」などの言葉で表現しましょう。

 ただし、明細書の中に請求項の記載の引き写し、つまりコピーをいれるときは、「前記」をつけたままにする場合もあります。このような場合には、明細書の中でもこの箇所だけ「前記」が使われます。明細書の中に「前記」が含まれる文章が現れたら、ここは請求項のコピーかもと判断することができます。

「前記」の英訳

 翻訳者は、特許の請求項の英訳をするときに「前記」をどう英訳するか考えると思います。

 私が勤務している事務所では、以前は「前記」を “said” に英訳していましたが、最近は、より平易な “The” に英訳しています。

 ただし、微妙な部分で「前記」がそのまま”The”にならないケースがありますので、必ず「前記」を”The”に訳すわけではないという点も注意が必要だと思います。

「前記」を「前期」と書いてしまう誤字脱字がとても多い

 ちなみに、「前記」と書くべきところを「前期」と書いてしまう誤字脱字がよくあります。J-PlatPatで検索すれば実際にいっぱいでてきます。

 私が使っている誤字脱字チェッカでは、以下のルールを入れておくことで、「前期」を発見できます。

273,前期

 もしよければ使ってみてください。詳しくはこちらの記事を読んでください。

 
 

今日のみどころ

 「前記」があってとっつきにくいなら、いちど「前記」を完全無視してしまいましょう!