「 hezka 」一覧

【ツイッターで宣伝】手軽に情報をネットで拡散させたい/ツイッターで何回も送る方法

【ツイッターで宣伝】手軽に情報をネットで拡散させたい/ツイッターで何回も送る方法

 ツイッター(Twitter)で情報を広めることがよくやられています。

 情報を広めるには、Webサイトを作るなどの方法もありますが、ツイッターのほうが手軽で便利。

 自分のツイッターアカウントでツイートするのもよいし、他の人の協力を得てネットに拡散させることもできます。

 当サイトも勉強がてらに、記事のタイトルとURLを自動ツイートしています。拡散させたい情報があれば、当サイトのツイッターアカウントで情報発信できますので利用してくださいね。

インターネットで情報を拡散させるのにツイッターが便利

 ツイッターは、送信者が140文字のメッセージを送信し、フォロワーがそのメッセージを見ることができるという単純なしくみです。

 そのメッセージを見た人が、自分のフォロワーにメッセージを転送(リツイート)することもできます。

 面白いツイートだと数千回、数万回とリツイートされて(バズって)膨大な数のフォロワーに届くことになります。たくさんリツイートされるメッセージをツイートをするのは難しいですが。

 最近は、バズったツイートが、その後にニュースなどで話題として取り上げられることも多いです。

いろいろなアカウントがある

 基本的にだれでもツイッターのアカウントを持てます。個人が自由にツイートできます。

 芸能人や有名人などは、たいていツイッターのアカウントを持っていると思います。会社やWebサイトもアカウントをもって情報発信をしています。

 人がPCやスマホで文字を入力するほかに、自動的にツイートしたりリツイートしたりするプログラムもあります。ボットといわれます。

 自分の情報だけでなく、他の人から依頼をうけて情報を広める使い方もあります。自分発の情報にまぜて自分のフォロワーに伝わえることができます。フォロワーが多い人にツイートしてもらうことで、広告のような使い方ができます。

通信特許マニアは各記事を自動ツイート、広告も掲載できます

 本サイト『通信特許マニア』もツイッターのアカウントを持っています。フォローしてくれている方、「いいね」やリツイートしてくれている方、ありがとうございます。

 このアカウントでは、本サイト内の記事や、特許関連の豆知識をランダムに自動ツイートしています。私自身のつぶやきもたまに入っています。

 「いいね」やリツイートをたくさんいただいたツイートを元にして、記事を作ることもあります。

 このアカウントでは、広告の依頼を受けて、依頼者さんが指定するメッセージをツイートすることもできます。もしよろしければあなたの情報発信に利用してください。

 なお、自動ツイートは、フリーのプログラム「EasyBotter」を使っています。当サイトの運営に使っているサーバ「ロリポップレンタルサーバー」で動かしています。やってみたいという方は参考にどうぞ。

Webページの広告よりも相手にとどく、と思います

 もともと、インターネットを通じて情報発信をするならWebサイトを使うのが王道です。でも、世の中に膨大な数のWebサイトが生まれた結果、個人の情報発信には使いにくくなってきています。

 また、世の中の膨大な数のWebサイトの中から検索されるには、グーグルなどの検索サイトで上位にはいらないといけなくて、そのための施策(SEO)がまた大変です。

 その点、ツイッターなら、グーグルに頼らずにフォロワーに届けられるので、SEO対策などを行う必要がないという利点があります。
 
 なお、Facebookとかその他のSNSサイトもうまく利用するとよいと思いますよ。

今日のみどころ

 情報発信したい人は、ツイッターを上手に利用しましょう。

 もしよろしければ通信特許マニアのツイッターアカウントも使ってみてください!


伸びたり縮んだりするソケットが背面についているスマホケースの特許発明 ポップソケッツ

図1B

 従来、スマホケースの有効サイズを増加させないで機能を追加したいニーズがあります。

 この発明では、スマホケースの背面に伸びたり縮んだりする蛇腹を備えたソケットが取り付けられています。これにより、スマホケースの有効サイズを増加させないで、スマホケースの機能を追加することができます。

続きを読む


【ツール紹介】いつも同じパターンの誤字脱字を減らしたいけど治らない/誤字脱字を見つけるツール

【ツール紹介】いつも同じパターンの誤字脱字を減らしたいけど治らない/誤字脱字を見つけるツール

 パソコンで文書を作るとき、誤字脱字がつきものです。いつも同じパターンの誤字脱字をしてしまうこともありますよね。

 せめて、いつも同じパターンの誤字脱字くらいはなくしたい。そんなことができるツールを紹介します。

 私も文書を作成する仕事していまして、どうやって誤記を減らすか試行錯誤して、このツールを使うやり方にいきつきました。私にとって誤字脱字を減らすことは切実な悩みでした。

 このやり方を使えば、短時間で、いつもと同じようなパターンの誤字脱字を減らすことができます。

 誤字脱字チェックのような単純作業は、単純作業が得意なコンピュータに任せて、人間は別な仕事に集中しましょう、という話です。

続きを読む


自装置のサブシステムのチャネルを選択する確率を上げてノイズを受信するのを回避する特許発明 パナソニック

図2

 従来、他の通信システムの近くに配置されると無線信号が干渉する問題があります。

 この発明では、火災警報システムで自装置のサブシステムから信号を受信する閾値を最も小さく設定します。これにより、自装置のサブシステムのチャネルを選択する確率を上げてノイズを受信するのを回避することができます。

続きを読む


【コラム】特許の拒絶理由通知の口調がこわすぎてつらい、たえられない、怒る

特許の拒絶理由通知の口調がこわすぎてつらい、たえられない、怒る

 特許の手続きをしていると、審査官から審査の結果が届きます。新規性などの特許要件を満たさないときには「拒絶理由通知」という書面が届きます。

 普通の人がはじめて拒絶理由通知を読むとびびってしまいます。「あなたの発明には特許を認めない」というような内容で淡々とその理由が述べられているからです。また口調がこわい。

 そんなことをいわれると耐えられない人がいるし、怒ってしまう人もいます。でも、拒絶理由通知をもらってもこわがらないでちゃんと対応すれば大丈夫ですということをこの記事で説明します。

 私は特許事務所でクライアントの発明の権利化をお手伝いする仕事をしていて、拒絶理由通知もたくさん見ます。見たうえでしっかり対応して特許査定に導くこともできています。

続きを読む