「 2015年10月 」一覧

RFIDタグにより照明機器IDを送信して照明機器を制御する特許発明 パナソニック

JPB_0005639366_fig1

 RFIDタグとタグリーダとを用いて照明機器を点灯させる照明制御システムに関する発明です。人間による壁スイッチの操作が煩わしいという課題を解決する発明です。

 RFIDタグは、RFIDにより照明機器の識別子(ID)をタグリーダに送信します。タグリーダは、タグから受信した識別子が示す照明機器を点灯させます。照明装置の制御に際して、人による操作が不要になります。

 特許第5639366号(特開2011-175759) パナソニック株式会社
 出願日:2010年2月23日 登録日:2014年10月31日

続きを読む


通信状況の変化に応じて各基地局の使用チャネルのパターンを切替る特許発明 NTT

JPB_0005639031_fig6

 無線LAN(Wi-Fi)の複数の基地局(アクセスポイント)のチャネル割り当てに関する発明です。時間経過に伴って変化するチャネルの通信状況の変化に追従できない問題を解決する発明です。

 複数の基地局を制御するための集中制御局が、各基地局が使用する通信チャネルの複数のパターンを決定し、そのうちの1つのパターンを選択して各基地局に設定します。

 これにより、基地局ごとのスループットが固定されるのを防ぐことができます。

 特許第5639031号(特開2013-093708) 日本電信電話株式会社
 出願日:2011年10月25日 登録日:2014年10月31日

続きを読む


移動局ごとの条件に基づくLTEの無線品質測定により省電力化する特許発明 NTTドコモ

JPB_0005788063_fig6

 LTE (Long Term Evolution)における品質測定に関する発明です。LTEでは、移動局(携帯端末、つまりスマホや携帯電話)が無線品質についての測定処理を行い、その測定結果を無線基地局に報告します。しかし、LTEのセル端以外での品質測定結果が得られない問題がありました。この問題を解決する発明です。

 この発明では、この無線品質の測定を、移動局ごとに条件に基づいて行うようにします。これにより、省電力化と十分な量のログの取得とを実現します。

 特許第5788063号(特開2014-171269) 株式会社NTTドコモ
 出願日:2014年6月26日 登録日:2015年8月7日

続きを読む


無線通信に可聴周波数帯域の信号を入れ、人の耳で確認可能にする特許発明 シャープ

JPB_0005784979_fig6

 ガスや水道等の無線テレメータ(スマートメータ)システムに関する発明です。可聴帯域を逸脱した周波数帯域での無線通信は耳による確認ができないという問題を解決する発明です。

 この発明では、親機と子機との無線通信の「縁組」の際に可聴音周波数帯域の変調信号を用います。これにより、無線通信を人が耳で確認することができるようになります。

 特許第5784979号(特開2012-244465) シャープ株式会社
 出願日:2011年5月20日 登録日:2015年7月31日

続きを読む