画面の代わりにボタン操作でデバイスを決定するデバイスサーバの発明 サイレックス

 従来のデバイスサーバは、画面をもたないホスト機器から利用できないという問題がありました。この問題を解決する発明です。

 この発明のデバイスサーバは、デバイスサーバとホスト機器に搭載した操作ボタンを使ってデバイスを決定します。これにより、画面をもたないホスト機器からデバイスサーバを利用できるようにあんります。

 特許第6118969号 サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2013年5月31日 登録日:2017年4月7日

続きを読む



お薬カレンダの撮影画像を利用して遠隔地から患者の服薬を見守る発明 Windy

 従来のお薬カレンダーでは、保護者が遠隔地から患者の服薬の見守りができないという問題がありました。この問題を解決する発明です。

 この発明のシステムによれば、お薬カレンダーを撮影した画像をネットワーク経由で提供できます。遠隔地にいる保護者は、この画像を閲覧して患者の服薬の見守りをすることができるようになります。

 特許第6035469号 株式会社Windy
 出願日:2016年4月1日 登録日:2016年11月11日

続きを読む


無線LANとNFCを併用した通信でのファイル転送の無駄を防ぐ発明 キヤノン

 ファイル転送が途中で切断されると無駄になるという問題を解決する発明です。

 この発明の通信装置は、例えば無線LANとNFCの2つの無線通信をします。NFCの通信が切断されたときに、ストリーミングをしている場合には無線LANの通信を切断せず、ファイル転送をしている場合には無線LANの通信を切断します。これにより、ファイル転送が途中で切断されることを回避できます。

 特許第5843453号 キヤノン株式会社
 出願日:2011年3月9日 登録日:2015年11月27日

続きを読む


特許を取りたい人がやってしまいがちな、やってはいけない1つのこと/新規性について

 メーカなどで研究や開発の業務に携わっている方で、これから初めての特許出願をするという方も多いと思っています。

 特許が認められるためにはいろいろな要件を満たす必要があります。要件を満たすためには、発明の技術内容に関する要件もありますが、発明の技術内容とは関係なく、これをやってしまうと特許をとれなくなってしまうことがあります。

 そんな、特許を取りたい人がやってしまいがちな、やってはいけないことを以下で紹介します。

続きを読む