【コラム】Dを「デー」と言ってしまったときの対処法と、Dを「デー」と言われてしまったときの対処法

 技術業界、とくに、通信技術業界では、いまでも根強くD(ディー)を「デー」と読み、T(ティー)を「テー」と読む文化が残っていると私は感じています。

 通信業界の人同士、同じ会社の人同士で話すときには、それほど気にする必要はないのですが、違う業界の人や、一般の人と話すときは、ちょっと気を付けるほうがよいかもしれません。

 Dを「デー」と言ってしまう人、Dを「デー」と言われてしまった人、双方が知っておくとよいことをまとめます。



スポンサードリンク

私が考える理由

 技術業界、とくに、通信技術業界では、いまでも根強くD(ディー)を「デー」と読み、T(ティー)を「テー」と読む文化が残っていると私は感じています。私がこのように思う理由は以下の記事にまとめたとおりです。


読んでくれてありがとうございました。ツイート、いいね!などでシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報などが得られます。ぜひどうぞ!



ブログランキングに参加中。ここから他の知財ブログに行けます ≫