【コラム】主婦も特許収入で一攫千金ねらってみる?/アイデアを練るほかにしておきたいこと

 主婦が家事などで気づいた日用品のアイデアの発明で特許をとって一攫千金、数億円ものライセンス収入を得るという話が、テレビやネットでたまに話題になります。

 でも、主婦が特許で収入を得るのは実際のところどうなんでしょう?少しでも実現に近づけるために、特許収入で一攫千金を狙う人は、アイデアを練るほかにこんなことをしておくのがよいと思います。以下で説明します。



スポンサードリンク


主婦が特許権をもつのは可能、発明も出願(申請)も可能

 まず、特許権という権利をもつことはだれでもできます。仕事をしている人でも、していない人でも特許権をもつことができます。会社などの法人も特許権を持つことができます。むしろ法人が持つことが多いです。

 また、特許権をもつ前に、発明をしないといけませんが、発明は誰でもできます。そして、特許の出願(申請)も誰でもできます。

 なので、制度上は、主婦が発明して、特許の出願(申請)をして、特許権をもつことはできます。まったく問題ありません。

 ただ、特許についていろいろなことをしないといけません。特許についての手続きができるかどうか、お金をかけることができるかどうか、特許をうまく使って収入を得られるかどうか、などの心配があります。それぞれについて以下で簡単に説明します。

特許の手続きはできるかが心配

 発明をした後、特許をとるまでには、いろいろな手続を特許庁にする必要があります。

 特許庁に対する手続きには専門知識が必要です。普通、この手続きは、特許事務所(弁理士)に依頼して、特許事務所に代理で行ってもらうことになります。なので、主婦が自分1人だけで書類の準備や提出をすることはないと思います。

 でも、特許事務所に依頼して手続きをしてもらうにしても、特許事務所が作成した書類の内容の確認をする必要があります。特に技術的な内容が書かれた明細書や請求項の記載は、なかなか難解だと思います。

 企業が特許を取る場合も特許事務所に依頼して特許出願することが多いです。その場合、発明者だけでなく知財部の社員も特許事務所との対応をします。技術面は主に発明者が確認して、手続き面は主に知財部が確認するというような感じの分業になります。

 主婦が特許事務所と直接やりとりするとなると、特許についての知識があまりない状態で、発明者の仕事と知財部の仕事の両方を担当しなければならない状態になります。

 これは少し心配な状況です。特許事務所との関係で不利にならないように気を使うこともあるかもしれません。

お金をかけられるかが心配

 特許の手続きには、ある程度高額な費用がかかります。出願のための費用、審査のための費用、特許権を維持するための費用などが必要です。

 出願のための費用は、特許事務所に書類の作成と手続きをしてもらう費用と、特許庁に支払う手続き費用があります。特許事務所によって異なりますが、20万円から40万円程度になると思います。

 また、審査のための費用として、審査請求(審査を受けるための手続き)の費用がかかります。審査結果に対応するための手続きにも費用がかかります。いろいろ含めて10万円~20万円程度必要だと思います。特許が認められると、登録料の納付も必要です。

 その後、特許権を維持していくなら、4年目以降、毎年特許料を払っていかなくてはいけません。

特許をうまく使って収入を得られるか心配

 特許をもっているだけでは、収入は得られません。特許を侵害している物を見つけたらどうすればいいのか。誰に何を言えばいいのか。特許を侵害している人を見つけてライセンス交渉や訴訟をしてくれる親切な人はいません。

 ライセンス交渉のテクニックも必要です。特許事務所や法律事務所が代理で訴訟をすることになれば、高額な費用がかかると思います。

 さらに、商品化ができるかという心配があります。特許が取れても、商品化がうまくいくとは限りません。商品化してくれるという会社に持ち込んでも、ちゃんと協力してもらえるかわからないし、アイデアだけ盗まれてしまうことがあるかもしれません。

 このように、仮に特許を得ても、収入を得るまでにはまだまだ長い道のりがあります。

主婦や個人がうまく特許収入を得られるのは協力者がいる場合

 このような感じなので、主婦にかぎらず一般の個人がうまく特許収入を得るのはなかなか難しいと思います。

 うまく特許収入で一攫千金を狙えるのは、その主婦や個人が、特許やアイデアの商品化についての知識や経験がある人だったり、身近にそのような協力者がいたりする場合だと思います。

 なので、主婦に限らず、特許収入で一攫千金を狙う人は、アイデアを練るとともに、もう1つ、協力者を作る活動もしていきましょう。自分の人脈、身近な人の人脈をたどっていけば、そのような人に巡り合えるのではないでしょうか。協力者があなたのアイデアをうまく収入に結び付けてくれるかもしれません。協力者の協力を得ながら一攫千金を狙っていきましょう!

今日のみどころ

 主婦に限らず個人にとって、特許収入で一攫千金という話しはおいしいですよね。自分のアイデアで少しでも収入を得たいという思いも素敵です。ただ、そんなにおいしい話はないということも事実です。地道にあせらずに進めていくのがよいと思います。

 日用品や、Wi-Fiなどの身近な技術は特許出願も多くされていますが、企業とは違う、主婦ならではの着眼点で特許を狙うこともできると思います。むしろ、企業で出てくるアイデアとは違う、主婦ならではのアイデアの方が特許をとりやすい場合もあります。特許収入で一攫千金、応援しています!

 主婦や個人の特許出願について興味がある方は以下もチェックしてみてください。






読んでくれてありがとうございました。ツイート、いいね!などでシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報などが得られます。ぜひどうぞ!



ブログランキングに参加中。ここから他の知財ブログに行けます ≫