特許の「公開」がもつ意味/特許の「公開」ってどういうことなの?

「特許が公開された」ということの意味

 よく、ニュースサイトなどで「特許が公開された」と話題になります。しかし、特許の公開ということが何を意味するかは、あまり良く知られていなくて、誤解もあると思います。特許の公開にはどのような効果があるでしょうか。

 特許の「公開」がもつ意味や、よく間違われる「公開公報」と「特許公報」について以下で説明します。

特許の手続きの中で「公開」されるものは2つ

 特許について公開されるものには、「公開公報」と「特許公報」の2つがあります(*1)。どちらも「公報」という語が含まれているので混乱しやすいです。

 これらの公報が特許をとるまでの流れの中のどの時点で行われるのかということと、これらの公報の違いをまず知りましょう。

 特許をとるまでの流れについては、既にさまざまなサイトで詳しく説明されています。ここでは、「公開公報と特許公報の違い」を説明するのに必要なことに絞って説明します。

公開公報に掲載されるのは審査前の情報

 公開公報は、形式面が整っていれば、出願から一定期間後に自動的に発行されます。特許法上の出願公開(64条)により発行されるものです。

 公開公報に掲載される情報は、発行時点での明細書等です。この時点までに補正がされることはあまり多くないので、出願された時点の明細書などがそのまま公開されることが多いです。審査前なので、特許権が成立するかどうかとは無関係に広い権利範囲を狙う記載や不明確な記載が含まれていることも多いです。

 この時点では、出願人がこの出願によって本当に特許権をとろうとしているかどうかも不明です。

 公開公報に掲載された発明は、出願人が研究開発に取り組んでいたということがわかる程度です。これが特許になるかならないか、特許をとる意思があるか否か、まだまったく決まっていません。

特許公報に掲載されるのは特許権の内容

 特許公報は、特許査定が得られ、登録料の納付が完了して特許権が設定された後に発行されるものです。特許法上の、特許権の設定登録後の特許公報(66条)に相当します。

 特許公報が発行されるのは、審査の結果、特許査定が得られた後です。特許公報に掲載される情報は、特許査定がなされた明細書等で、実際に特許権になったものです。特許要件を満たすものになっており、不明確な記載が明瞭化されたものです。

 特許公報に掲載された発明は、必要な補正がなされ、審査官が特許要件を満たすと判断したものです。また、出願人がある程度高い費用を投じて権利を成立させたものです。

公開公報と特許公報との違い

 つまり、公開公報と特許公報は、特許の手続きの流れの中でこのような順番で行われます。

出願 → 公開公報 → 特許査定 → 特許公報

 公開公報と特許公報との違いで重要なものは以下の2点です。

 1点目は、掲載された発明が審査を受けたものか受けていないものかという点です。公開公報には、好き勝手な願望が記載されているかもしれません。一方、特許公報には、特許要件を満たした発明が記載されています。

  • 公開公報:審査を経ていない発明。好き勝手な願望も可能。
  • 特許公報:審査を経た発明。特許要件を満たした発明、つまり特許発明。

 2点目は、掲載された発明について特許権が成立しているか、成立していないかという点です。公開公報は、特許権成立前の情報なので、真に権利化を狙っているものもあれば権利化不要のものもあります。一方、特許公報は、特許権が成立した発明のみが掲載されます。

  • 公開公報:権利化を狙っている発明と権利化不要の発明が混在。
  • 特許公報:特許権が成立した発明のみ。

 このように、「公開公報」が発行されただけでは特許はとれていません。特許要件を満たした発明つまり特許発明を公開しているのは、「特許公報」のほうです。(*2)


*1 「公開公報」は「公開特許公報」とも呼ばれます。「特許公報」は「特許掲載公報」とも呼ばれます。
*2 もっと端的にいえば、「公開公報」はあまりすごくなくて、「特許公報」は特許がとれたすごい発明を公開するもの、といえます。

今日のみどころ

 単に「特許が公開された」という情報だけでは、「公開公報」か「特許公報」かがわからず、特許権が成立しているのかどうかが判断できません。特許権が成立したか、成立していないかは、とても大きな違いです。正確な判断が必要です。

 本サイトで紹介しているのは特許公報です。審査官によって特許要件を満たすことが審査されたものなので、勉強の材料として適切です。特許公報(特許掲載公報)を使って一緒に勉強しましょう!

ad

 私もよく参考にしているキーマンズネットの最新記事の紹介です。

読んでくれてありがとう。ツイート/フォロー/登録して、あなたも特許マニアになろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてもっと特許マニアになろう!