【コラム】特許の拒絶理由通知の口調がこわすぎてつらい、たえられない、怒る

特許の拒絶理由通知の口調がこわすぎてつらい、たえられない、怒る

 特許の手続きをしていると、審査官から審査の結果が届きます。新規性などの特許要件を満たさないときには「拒絶理由通知」という書面が届きます。

 普通の人がはじめて拒絶理由通知を読むとびびってしまいます。「あなたの発明には特許を認めない」というような内容で淡々とその理由が述べられているからです。また口調がこわい。

 そんなことをいわれると耐えられない人がいるし、怒ってしまう人もいます。でも、拒絶理由通知をもらってもこわがらないでちゃんと対応すれば大丈夫ですということをこの記事で説明します。

 私は特許事務所でクライアントの発明の権利化をお手伝いする仕事をしていて、拒絶理由通知もたくさん見ます。見たうえでしっかり対応して特許査定に導くこともできています。

拒絶理由通知の表と裏の顔

 私がいつも頼りにしている本「新・拒絶理由通知との対話第2版 鈴木伸夫」では、拒絶理由通知には「表と裏の顔がある」という説明があります。

 ほんとうにそのとおりだと思いますが、なにせ口調が結構こわいので、最初は「表の顔」、つまり拒絶の予告という意味にしかとらえられないと思います。

 拒絶理由通知は、具体的には、こんな感じに書かれています。

 「○○として何を採用するかは、当業者が適宜設計すべき事項である。」
 「○○として周知の技術を用いることは当業者が容易になし得たことである。」
 「この出願の請求項に係る発明の発明特定事項と引用発明特定事項との間に差異はない。」
 「○○に○○を用いることを想到することは、当業者においては格別の困難性を有さない。」
 「請求項の記載により特定される事項は、引用例に記載された事項であるか、又は格別なことではなく、当業者が適宜なし得る事項にすぎない。」

 
 このような感じで、「あなたの発明には特許を認めない」みたいな内容が淡々と書かれています。そんな技術は普通です、特許に値しない、と言われているようにも思えるかもしれません。

拒絶理由通知の口調がこわすぎる

 普通の生活や、ビジネスの中でも、日本人は結構言葉選びに気を付けてます。なるべく相手を傷つけないように、また、変な意味に受け取られないようにしていますよね。

 一方、受け取る側は、言葉そのものの意味だけでなく、言葉の雰囲気を読み取ることもあります。

 そういうのになれていると、審査官の拒絶理由通知の言葉は結構、心にぐさっときます。その口調がこわすぎるから。反論を認めない!と言っているような感じを受けたりするかもしれません。

 それがまた、自分が大事にあたためてきた発明に対して言われるものだから、大変です。

拒絶理由通知の口調に耐えられなくてなえる、怒る

 ここで心理面のダメージを受けてしまうと、なえてしまうこともあるでしょう。

 ちゃんと検討して発明のアイデアを検討したのに。特許事務所に高いお金払って、審査にも高いお金払ったのに。もう自分の発明はだめなのか、特許が認められないのかという感じがします。

 怒りの感情をいだくこともあるでしょう。私の発明は、従来の技術とぜんぜんちがう、一緒にするな。審査官はぜんぜんわかってない!何を考えているんだ。

 しかも、その口調が結構強いので、その姿勢がもう崩れないような印象をうけてしまいます。

 そんなときに感情にまかせて、審査官に対して、お前は間違っているというような反論をする、とにかく強い口調で反論をする。私の発明は従来技術とはちがう、ちがうと繰り返し述べるだけの反論をしても、認められないことが多いです。冷静に対処すべしです。

心理面のダメージを受けずに処理する/特許事務所にまかせる

 ではどう対処すればよいかというと、心理面のダメージを受けず、冷静に適切な処理をする、これにつきます。

 拒絶理由通知の言葉が重いということも書きましたが、裏を返せば、余計な飾りのような言葉がないので読みやすいともいえます。

 特許の拒絶理由で代表的なものは、新規性、進歩性、不明確などとだいたいきまっていまして、その処理方法もだいたい決まっています。そして、特許明細書に書いてある範囲内でその処理ができるかどうかをよく考えながら対応の方針を考えます。

 この仕事は特に特許事務所や、経験豊富な知財部員が力を発揮すべきポイントです。特に特許になるかならないかの分かれ道になる大事な局面ですから、扱いなれている人に任せるのが一番よいでしょう。

対応策の検討のおすすめ「スリムな意見書」新・拒絶理由通知との対話第2版

 拒絶理由通知への対応について、元審査官の目線で詳しく説明しつつ、拒絶理由の対する対応の方法を説明しているのが「新・拒絶理由通知との対話第2版 鈴木伸夫」です。

 拒絶理由通知への対応では、意見書という書面の書き方も大きなポイントになりますが、この本で紹介されている「スリムな意見書」の書き方が特におすすめです。

 特許事務所の担当者や知財部員は、拒絶理由にしっかり対応できるようになって、クライアントや社員からの信頼を獲得していきましょう!

今日のみどころ

 じょうずに特許事務所を利用して拒絶理由通知にちゃんと対応していっぱい特許取りましょう!

 特許事務所や知財部員は、この本で勉強していっぱい特許をとりましょう。