LINEのメッセージ表示時の顔写真を後でメッセージと共に表示して特定しやすくする特許発明 LINE

図3

 従来、LINE(ライン)などの大量のSNSメッセージから所望のメッセージを特定するのが難しいという問題があります。

 この発明では、メッセージ表示時のユーザの顔写真をとっておいて、あとでメッセージと共に表示します。これにより、大量のSNSメッセージの中から所望のメッセージを特定しやすくすることができます。

 特許第6096341号 LINE株式会社
 出願日:2016年2月16日 登録日:2017年2月24日



スポンサードリンク

LINEなどの大量のSNSメッセージから所望のメッセージを特定するのが難しい

 LINEなどのSNSサービスでは、大量のメッセージがやりとりされます。

 従来技術として、メッセージを作成するときの作成者の表情などをメッセージともに相手に送信し、そのメッセージを受信した端末がメッセージとともに送信者の表情を表示する技術があります。

 しかし、SNSサービスで他の人から受信した大量のメッセージの中から、ユーザが所望するメッセージを特定することが難しいという問題があります。

メッセージ表示時のユーザの顔写真をとっておいて、あとでメッセージと共に表示

図13

 この発明の端末は、SNSサービスのメッセージを受信して画面に表示したときのユーザの顔写真などを取得します。取得した顔写真は、表示したメッセージとともに保存しておきます。

 あとでメッセージを閲覧するときには、そのメッセージと顔写真とを対応付けて画面に表示します。一例として、LINスタンプのような位置に、自分の顔写真が表示される形になります。

 このようにすると、送受信されたメッセージが大量にある場合でも、メッセージが表示された時のユーザの顔写真とともにメッセージが表示されるので、ユーザは簡単に所望のメッセージを発見することができます。

 なお、顔写真の他に、ユーザがいる位置情報や、ユーザの心拍数を使うアイデアもあります。

【課題】
ユーザに、所望のメッセージ等のコンテンツを適切に抽出させる。
【請求項1】
 情報処理端末に、
 受信したコンテンツを、前記情報処理端末の画面に表示する第1のステップと、
 前記受信したコンテンツが表示されたことに応じて、前記情報処理端末のユーザの状態を取得する第2のステップと、
 前記受信したコンテンツと、取得された前記ユーザの状態を示す情報とを対応付ける第3のステップと、
 前記受信した複数のコンテンツが同時に、再び前記画面に表示される場合、前記複数のコンテンツの各々に対応付けられた前記ユーザの各状態に応じて、所定の表示領域に表示する前記ユーザの一の状態を決定し、前記画面に表示する第4のステップとを、実行させるプログラム。

今日のみどころ

 LINEの画面上に自分の顔写真がでてくることになるわけで、メッセージの特定には役立つかもしれませんが、まあ、あまり望まない(あまり見たくない、他人に見られたくない)結果にもなりそうですね。

 LINEに搭載可能な新技術として検討されたアイデアだと思われます。おそらくこういうアイデアがたくさんあって、そのうちの筋のいいものが、私たちが使えるように世に出てくるのです。ものづくりの側面が見えておもしろいです。

 LINEという身近なアプリ上での技術なのでイメージしやすく、とっつきやすいのが良いところです。明細書も読みやすく書かれています。


読んでくれてありがとうございました。ツイート、いいね!などでシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新情報などが得られます。ぜひどうぞ!



ブログランキングに参加中。ここから他の知財ブログに行けます ≫