【特許紹介】患者の禁煙に関する誤った解釈を正す特許発明(キュアアップ)

 今回は、禁煙に関する発明を紹介します。今日も一緒に勉強しましょう。

 従来、心理的なニコチン依存に対する処置の時間がとれず、質のばらつきがあるという問題があります。

 この発明では、患者の禁煙に関する誤った解釈を正す情報を提示します。これにより、心理的なニコチン依存を解消に役立てます。





心理的なニコチン依存に対する処置の時間がとれず、質のばらつきがある問題

 喫煙を継続的に行っていると、喫煙習慣を断つことが難しいです。かんたんにいうと、禁煙が難しい、たばこをやめるのが難しい、ということです。

 継続的な喫煙をしていると、ニコチン依存症になると言われています。ニコチン依存症は、身体的依存と心理的依存とに分類されます。

 身体的依存については、ニコチン製剤などの禁煙補助薬による療法が使われます。心理的依存については、行動療法、認知行動療法やコーチングが行われます。

 心理的依存に対して、医療従事者がかけられる時間が限られていて相談時間が十分にとれず、また、医療従事者によって指導の質にばらつきがあるという問題があります。

患者の禁煙に関する誤った解釈を正す情報を提示


 この発明の禁煙患者のためのコンピュータプログラムでは、認知行動療法に基づいて、患者の誤った解釈を正すための情報を患者に提示します。

 具体的には、まず、禁煙に関連する事項について患者の解釈を示す情報を、患者のパソコンやスマホから受信します。これは、例えば「ストレスは禁煙によって解消すると考えていますか?」というような患者に対する問いかけの答えとして入力されます。

 この受信した情報を、あらかじめ保存している正当情報と比較して、患者の解釈が誤りであるかどうかを調べます。

 例えば、「すべてのストレスが解消する」という選択肢を選んだ場合は誤り、「ニコチンの不足によるストレスだけが解消する」という選択肢を選んだ場合は正解と判定されます。

 そして、患者の解釈が誤りであると決定された場合、その解釈をただすための情報を患者のパソコンやスマホに送信します。このようにして、患者の誤った解釈を正すことができます。

 特許第6116769号 株式会社キュア・アップ
 出願日:2015年5月1日 登録日:2017年3月31日

【課題】
 ニコチン依存症患者が医療従事者に相談したいときに、相談することを可能とする。長期間にわたる禁煙治療を受けること可能とする。医療機関または医療従事者による禁煙指導の質のばらつきをなくす。
【請求項1】
 禁煙患者のために使用されるプログラムであって、コンピュータに、
 患者が使用する電子装置である患者側電子装置から、患者の現在の体調を示す情報の入力及び禁煙診療履歴情報の少なくとも一方に基づいて決定される患者解釈情報取得タイミングで、患者によって前記患者側電子装置に入力された、喫煙に関連する事項についての患者の解釈を示す患者解釈情報を受信する段階と、
 受信された前記患者解釈情報と前記喫煙に関連する事項についての正答情報とを比較して、前記患者の喫煙に関連する事項についての解釈が誤りであるか否かを決定する段階と、
 前記患者の解釈が誤りであると決定された場合には、前記正答情報に基づいて、前記患者の喫煙に関連する事項についての誤った解釈を正すための情報を含む認知行動療法情報を前記患者側電子装置へ送信する段階と、
 を実行させるプログラム。

今日のみどころ

 患者の禁煙を補助するために、患者の禁煙に関する解釈が誤っている場合に、その解釈を正すための情報を提示するのが発明です。

 この処理の流れはコンピュータでなくても実現できるものですが、コンピュータで実現できる形にして特許をとるというやり方をしています。こういうのをソフトウェア発明と呼ぶこともあります。

 そういえば、私は10年くらい喫煙していましたが、禁煙成功して10年くらいたちました。私の場合は、とにかくがまんするというやり方でした。うまいやり方があればやったらよかったかも。