【特許の取り方】主婦が特許を取る方法/主婦アイデアの商品化への第一歩(手続き)



【特許の取り方】主婦が特許を取る方法/主婦アイデアの商品化への第一歩(手続き)

 主婦のアイデアについて特許をとってみたい。特許の取り方や手続きを知りたい。

 この記事を読めば、主婦のアイデアの特許化をどう進めたらよいかについての情報が得られます。特許化の次の段階である商品化についての情報も紹介します。

 私は特許事務所で実務を8年経験しており、大企業の発明のほか、社員数人の企業の発明、個人の発明についても特許化のお手伝いをしたことがあります。主婦や個人の発明者の立場で、こうやれば特許事務所をうまく使えるという方法もわかります。

 自分のアイデアについて特許をとりたい主婦、個人発明家のみなさんは、この記事を参考にして、特許化や商品化の第一歩を進めてください。

 以下で詳細に説明します。



スポンサードリンク

主婦が特許を取るにはどうしたらよいかわからない

 主婦が特許を取って、特許の収入を得る。すこしあこがれますね。主婦の知恵のようなアイデアが商品化されたり、テレビや雑誌で紹介されてちょっと有名になれたりすると、一段とうれしいかも。

 主婦が特許を取るにはどうしたらよいか。

 特許をとるには「特許出願」(*1)という手続きをして、そのあとにもいくつか手続きをすることが必要です。

 主婦が特許を取るときは、その手続きはだれがするの?なんかちょっと難しすぎないかと。

 *1:法律上は「特許出願」という用語が使われますが、一般には「特許の申請」という言葉が使われることも多いです。

主婦が特許の手続きを全部やらないといけないの?

 例えば企業の社員が発明をした場合、特許に関する業務を行う専門の部門が手続きを進めてくれます。その部門が手続きをすべて行うこともあるし、社外の弁理士(特許事務所)を使って手続きをすることもあります。特許に関することはその部門の社員や弁理士が担当するので、一般の社員はあまり知らなくても出願できてしまいます。

 主婦の発明の場合、企業でいう専門の部門はないです。最初から最後まで全部自分で手続きをするしかないのかな。それとも、誰かが手伝ってくれるのかな。そんな疑問がわきますよね。
 
 特許の収入を得るのにも、何か手続きがいるのかな。自動的にお金が振り込まれてくるのかな。そんな疑問もわきますよね。

 もちろん、いろいろな手続きを自分でできるならまったく問題ないです。でも、それはあまり現実的ではないかも。

気を付けないといけないことがありすぎる

 いろいろな手続きは、技術的な面、事務的な面などの両面で気を付けないといけないことがたくさんあります。仮にプロ(弁理士や特許事務所)がやる場合でも、けっこう気をつかう仕事です。

 技術的な面では、なるべく広い権利、強い権利がとれるように、明確に書面を記載するように気を付けます。外国の出願もできるように、翻訳しやすい日本語を使うように気を付けます。

 事務的な面では、書類の選定や書類の内容のミス、提出時期のミスなどしないように気を付けます。

 そんな仕事を、経験のない主婦がはじめてやって、強い権利をとるのは難しいです。仮に特許がとれても、あまり強くない、かんたんに逃げられてしまう特許になってしまいます。

主婦が特許を取る方法

 では、主婦が特許を取る方法にはどのような方法があるか、これを解説していきます。

 まず、特許出願の手続は、発明者本人がすることもできるし、発明者と異なる人(出願人という)が出願することもできます。また、特許の専門家である弁理士に出願の手続をしてもらう(代理してもらう)こともできます。

 弁理士に依頼するには、特許事務所に直接連絡をとるほか、弁理士会が開催している「発明の無料相談」を利用することもできます。

 このようなことを踏まえると、主婦が特許出願する場合にありうるパターンは以下の3つのどれかになるはず。特許をとろうと意気込んでいる方は参考にしてください。

1.発明の無料相談をしてから特許事務所に依頼して特許出願
2.直接に特許事務所に依頼して特許出願
3.自分で特許出願

 以下で少しずつ説明を加えます。

1.発明の無料相談をしてから特許事務所に依頼して特許出願

 特許事務所って行ったこともないし、ちょっと怖い気もしますね。

 そういう場合、日本弁理士会が全国で開催している「発明の無料相談」(*2)という相談会を利用するのがおすすめです。

 「発明の無料相談」では、出願やその他の手続について弁理士が無料で相談にのってくれます。そこで出願することになったら、その弁理士に出願を依頼することもできます。無料なのは相談まででして、出願は有料になります。

 出願については、次の「2.」を読んでください。

 *2:関東、関西、東海のほか、各地方で開催されているので、調べてみてください。開催地域ごとに開催日、時間がことなるのでご注意ください。

2.直接に特許事務所に依頼して特許出願

 特許事務所に依頼して出願をする場合を説明します。直接に特許事務所に依頼する場合も、上記「1.」で無料相談をしてから特許事務所に依頼する場合も同じです。

 特許事務所に出願を依頼する場合、ある程度費用が必要になります。特許事務所ごとに差がありますが、だいたいこちらが参考になります。

 出願までにかかる時間や費用をしっかり同意してから進めるのがよいと思います。

 似た技術がすでにないかという調査を出願前にしてくれる場合もありますが、そのような調査が有料なのか、無料なのか、してくれるか、なども確認しましょう。

 あと、特許をとるにあたって、なるべき広い権利を取りたいけど、最終的には狭い権利になってもよいので、ぜひ特許をとりたいということを伝えるのが良いと思います。

 なお、特許の手続についてあまりよく知らない人は、特許事務所との話がわからないかもしれないです。この本をざっと読んでおきましょう。

3.自分で特許出願

 特許事務所を使わずに自分で特許出願することもできます。上記のとおり、特許事務所がやる仕事の一部を自分ですることになります。

 なので、特許事務所に支払う費用はなくなりますが、書面の作成や手続きをしないといけない大変さがあります。

 特許事務所の仕事を少し知っている人や、そのような人が身近にいる場合には良い選択肢になると思います。費用を抑えながらうまく進められると思います。以下の情報源が参考になります。

商品化への道

 特許事務所で特許出願すると、特許になるまでの間の手続を進めてくれます。そして、発明が特許要件を満たせば、特許がとれます。

 その後、特許をとったあとの商品化や収入の確保については、特許事務所の仕事の外です。商品化については、それをメインにやっている会社がありますのでそこに依頼するのがよいとおもいます。

 特許をすでにとっておくと、商品化をメインにやっている会社にアイデアを持ち込んだあとにスムーズに商品化が進むメリットがあります。

 一例として、以下のような企業がありますので、商品化を考えている方は検討してください。特許出願後、特許がとれるまでに数か月~1年以上かかりますので、その間に検討すればよいと思います。

今日のみどころ

 主婦のアイデアの特許化と、商品化について情報をシェアしました。

 商品化ともなるとたくさんの協力者の協力が必要になると思います。協力しながら進めていけるといいですね。
 あと、本記事で紹介した書籍を以下にまとめています。ご参考に。