【コラム】ワードプレスのサイトを試しながら作りたい/簡単インストールでサイトを量産できるロリポップ

ワードプレスのサイトを試しながら作りたい/簡単インストールでサイトを量産できるロリポップ

 ブログなどのウェブサイトで情報発信したり、お小遣い稼ぎをしてみたい。きれいなデザインのブログを作ってみたいなら、ワードプレス(Wordpress)でブログを運営するのがよいです。

 私は、はやりのワードプレスを使ってみたかったこともあって、ワードプレスで当サイト「通信特許マニア」の運営をはじめました。最初は試しながら作ってみて、壊してしまったりしながらいろいろ覚えて、いまでは自分が必要な範囲ではある程度いじれるようになりました。

 この記事では、そのような試行錯誤が簡単にできて勉強になるレンタルサーバーを紹介します。この記事を読めば、ワードプレスのサイトを量産して、いろいろためすことができます。ツイッターの自動ツイートもつくれますよ。

ワードプレスのサイトを 安く 試しながら作りたい

 ブログなどのウェブサイトで情報発信したり、お小遣い稼ぎをしてみたい。

 ブログは、AmebaブログやFC2ブログのような無料のブログサービスで作ることもできますが、きれいなデザインのブログを自由に作ってみたいなら、ワードプレスでブログを運営するのがおすすめです。

 ワードプレスは、すてきなデザインの有料テーマ、無料テーマを選ぶことができて、短時間で簡単にブログの環境を構築することができます。最初に設定した後にテーマを変更するのもかんたんです。

 ワードプレスのサイトの立ち上げをいちから自力でやるにはある程度専門的な知識が必要です。でも、そのような知識がなくても、必要事項を設定するだけでワードプレスのサイトの立ち上げが完了する「簡単インストール」機能があるレンタルサーバーがあります。

ワードプレス初心者の練習にロリポップレンタルサーバーがおすすめ

 ワードプレスをはじめてやる場合、わからないことだらけだと思います。決めないといけないこともたくさんあります。

 サイトの名前をどうするか。ディレクトリ名を何にするか。サイトのデザインを変えたり、広告を張り付けたり、プラグインで機能を追加したりするのは難しいか。サイトを公開するまでにどれくらいの時間がかかるのか。勉強も必要かどうか。。。

 Web上にあるたくさんの情報を参考にやってみるのが近道です。それには、自分である程度自由にいじれるワードプレスのサイトをもつのが理想です。作って、いじって、壊れてしまったら直す。また作り直す。このような試行錯誤を通して、ワードプレスの使い方を覚えていくのが近道だと思います。

 そのような使い方ができるレンタルサーバの1つが「ロリポップ!レンタルサーバー」です。



公式サイトはこちら

 簡単インストール機能があるので、試しでどんどんサイトを作ってみることができます。失敗したら削除してもよいし、放置しておいても特に問題ないです。やりながら勉強していけます。

 本命のサイトに導入したいデザインやプラグインを、ためし用のサイトで試してみることもできます。

ワードプレスのサイトを安くはじめられる

 ロリポップレンタルサーバーでは、4つのプランがあって、それぞれ機能と価格が異なっています。

  • エコノミープラン
  • ライトプラン
  • スタンダートプラン
  • エンタープライズプラン

 ワードプレスを利用できるのは、ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランです。ライトプランは月額250円(*1)からで手軽に始められます。各プランの機能と料金はこちらで調べられます。

 月額250円といえば、コンビニに1回いってちょっとおやつを買うくらいの値段ですね。それくらいの値段でいろいろ試せるサイトをもっておけるのはなかなか良いと思いますよ。当サイトもこのライトプランで運営しています。

 *1:なお、月額250円になるのは、6ヵ月契約などの長期の契約の場合です。それより短い単位でやっても成果は出にくいので、まずは6ヵ月の契約で初めて見るのが良いと思います。

ワードプレスの他にもいろいろできる

 ロリポップレンタルサーバーは、ワードプレスのサイトを作るのにとても便利ですが、ワードプレスの他にもいろいろな機能があります。これらは、ワードプレスが誕生するまえからのレンタルサーバーとしての機能でもあります。

  • ワードプレスではない普通のWebサイトの運営
  • メールアドレスの発行と管理
  • ファイル置き場としての利用
  • PHP、perlなどのスクリプトの実行

 スクリプトの実行の機能と、サーバのcron機能を利用すると、決まった時間にtwitterのツイートをする「ボット」を作ることができます。私はこれを利用して通信特許マニアの自動ツイートをしています。

「ロリポップ」の意味→ペロペロキャンディー

ワードプレスのサイトを試しながら作りたい/簡単インストールでサイトを量産できるロリポップ

 ちょっと気になるのが、「ロリポップ」という名前かもしれません。「ロリ」というのが、なんかいやらしい意味なんじゃないかと。人にいうのにちょっと気が引けるような気もしますね。

 この名前から、まじめにサーバーの管理をしているのかというような不安を抱く人もいるかもしれません。

 「ロリポップ」というのは、「棒が付いた手で持って舐める飴・ペロペロキャンディーのこと」だそうで、とくにいやらしいものではないです。

 あと、私が実際に使っている経験からしても、いい加減な管理をしている雰囲気は特にないので、信頼して大丈夫だと思います。

 なお、ワードプレスのバックアップは、ワードプレスのプラグインでも対応できるので、万が一のときのために自分でデータを守るなどの工夫はしておくのが良いと思います。これは他のサーバーでも同じことです。

今日のみどころ

 ワードプレスのサイトを試しながら作りたい人はロリポップレンタルサーバーを検討しましょう。/簡単インストールでサイトを量産できます。とても勉強になるし、情報発信、お小遣い稼ぎのベースになるさいとをさくっと作ることができます。