【特許紹介】ゲーム盤上での位置を特定し、移動装置を制御して移動する装置(バンダイ)を紹介

 今回は、スマホを搭載して移動できるゲーム装置に関する発明を紹介します。今日も一緒に勉強しましょう。

 従来、スマホを玩具に装着して玩具を移動させることができません。

 この発明では、スマホ(情報処理装置)が、ゲーム盤上での位置を特定し、移動装置を制御して移動することができます。



 ※特許の本の紹介。
 特許の申請(出願)をする技術者や研究者が知っておかないといけない特許の知識がわかりやすくまとめられている良著です。   

スマホを玩具に装着して玩具を移動させることができない

 スマホ(スマートフォン)が利用されています。

 また、スマホの表示部を利用した玩具があります。

 しかし、スマホのような情報処理装置を玩具に装着して、玩具を移動させることはできませんでした。

ゲーム盤上での位置を特定し、移動装置を制御して移動


 この発明のコンピュータプログラムは、情報処理装置を装着した移動装置(移動手段)を用いてゲームを実行することができます。

 前提として、移動装置は、例えばキャタピラやタイヤをもっていて、床面に置かれたゲーム盤の上を移動します。移動装置には、情報処理装置が装着されていて、さらに撮影手段(カメラ)も搭載されています。

 情報処理装置は、まず、カメラで撮影することにより、ゲーム盤上における情報処理装置の位置を特定します。

 次に、特定したゲーム盤上における情報処理装置の位置と、ゲーム盤の構成情報に基づいて、移動装置を制御します。これにより、情報処理装置がゲーム盤上を移動します。

 このようにして、情報処理装置を装着した移動装置が移動しながらゲームを進行させます。

 ちなみに、ゲームの具体的な内容はとくに限定されませんが、対戦ゲーム、障害物レース、宝探しなどの例が明細書に記載されています。

 特許第6678715号 株式会社バンダイ
 出願日:2018年9月20日 登録日:2020年3月19日

【課題】
情報処理装置を装着して構成される移動装置を用いてゲームを実行可能とするための技術を提供することを目的とする。
【請求項1】
 撮影手段と制御手段とを備える情報処理装置に、ゲーム方法を実行させるためのコンピュータプログラムであって、
  前記情報処理装置は移動手段を備える本体部に装着されて、ゲーム盤上に設置可能であり、かつ、前記情報処理装置が前記移動手段を制御することにより前記ゲーム盤上を移動することが可能であって、
 前記ゲーム方法は、前記情報処理装置が前記本体部に装着され、かつ、前記ゲーム盤上のいずれかに位置している場合に、
 前記制御手段が、
  前記撮影手段に、前記情報処理装置が位置する前記ゲーム盤の情報を取得させることと、
  取得された前記ゲーム盤の情報に基づいて、前記情報処理装置の前記ゲーム盤上における位置を特定することと、
  前記情報処理装置の前記ゲーム盤上における位置と、前記ゲーム盤の構成情報とに基づいて、前記移動手段の制御を含む実行動作を決定することと、
  前記実行動作に基づき前記移動手段を制御することと、
を含む、コンピュータプログラム。

今日のみどころ

 スマホを搭載した装置がゲーム盤上を動くという、ちょっと珍しい装置です。バンダイが提供しているロボットカープログラミング教材「アルゴロイド」に関連する特許だと思われます。

 ゲームそのもので特許を取ることはできないことになっていますが、請求項の書き方を工夫することで、実質的にゲームを特許の対象にすることもできそうです。請求項の書き方の参考になります。