「 通信ロス低減 」一覧

データとACKとの通信からCWminを決定してWi-Fi通信の衝突を回避する特許発明 NTT

図1

 従来、Wi-FiのCSMA/CAでは端末数がCWminより大きいと必ず衝突する問題という問題があります。

 この発明では、データとACKとの通信をモニタし無線稠密度に応じてCWminを決定します。これにより、Wi-Fi通信の衝突を回避します。

続きを読む


通信電波と通信以外の電波とのスペクトル解析からアクセスポイントを選択する端末の特許発明 サイレックス・テクノロジー

図1

 従来、特定のアクセスポイントに無線通信端末が集中して接続する問題あります。

 この発明の端末は、無線通信の電波と、無線通信以外の電波とをスペクトル解析してアクセスポイントを選択します。これにより、スペクトル解析の結果に基づいて、より通信品質が高い通信を行うことができるアクセスポイントを選択できるようになります。

 特許第6347216号 サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2015年1月30日 登録日:2018年6月8日

続きを読む


2つのアンテナ間の電波干渉を抑え、通信制限されにくい車両通信装置の特許発明 デンソー

図2

 従来、2つのアンテナを備えるシャークフィンアンテナのような車両の無線通信装置で、電波干渉がある場合に、無線通信ができない期間が多いという問題がありました。

 この発明では、電波干渉がある場合に、車両が停車中でないときに、アンテナが送信する電波の送信電力を低下させます。これにより、無線通信が制限されないようにしながら、電波干渉を抑えることができます。

 特許第5907139号 株式会社デンソー
 出願日:2013年10月7日 登録日:2016年4月1日

続きを読む


電波の干渉度を評価して干渉回避&チャネル利用効率向上させる発明 パナソニック

 通信端末が無線のチャネルを選択するときに、通信量を増加させずにチャネルの利用効率を高めたいという要求に応える発明です。

 この発明では、複数のチャネルから通信に用いるチャネルを選択する際に、電波に関する3つの指標を考慮して、干渉度が小さいチャネルを優先的に選択します。これにより、干渉を回避でき、チャネルの利用効率を向上させます。スマートメータの通信システムに利用可能です。

 特許第5895194号 パナソニックIPマネジメント株式会社
 出願日:2012年3月9日 登録日:2016年3月11日

続きを読む


列車の無線通信システムでの電波干渉を防止する発明 日立国際電気 電通大

jpb_0005843126_fig1

 この発明の列車無線通信システムでは、基地局が2つの指向性アンテナを備えています。各基地局は、送信しようとするデータ列に基づいて、互いに直交する2つのデータ列を生成し、この2つのデータ列を2つのアンテナにより送信します。列車に搭載される移動局は、このように送信された基地局からのデータを受信します。

 これにより、移動局において、隣接する基地局からの信号が干渉することを回避し、正常に信号を受信することができます。

 特許第5843126号(特開2012-156824) 株式会社日立国際電気 国立大学法人電気通信大学
 出願日:2010年6月30日 登録日:2015年11月27日

続きを読む