「 アクセスポイント 」一覧

空飛ぶWi-Fi装置の送信機会が得られるように飛行高度を制御する特許発明 KDDI総合研究所

図1

 従来、空中で通信するWi-Fi通信装置は送信機会が得られにくいという問題がありました。

 この発明では、空中で通信するWi-Fi通信装置が地上通信装置からの電波の受信品質を測定し、送信機会が得られるように飛行高度を決定します。これにより、送信機会が得られるようになります。

 特許第6201214号 株式会社KDDI総合研究所
 出願日:2013年12月25日 登録日:2017年9月8日

続きを読む


【コラム】「Wi-Fiルータ」と「アクセスポイント」との違い、使い分け

 PCやスマホとWi-Fiでつながって、インターネットにアクセスできるようにしてくれるあの装置、何と呼んでますか?

 「アクセスポイント」とか「Wi-Fiルータ」とかと呼ぶ人が多いと思いますが、言葉の意味はあっているんでしょうか。他の呼び方はないんでしょうか。

続きを読む


Wi-Fiステーションとして動作している機器にWi-Fi Direct接続する特許発明 キヤノン

図3

 従来、Wi-Fiステーションとして動作している機器にWi-Fi Direct接続できないという問題がありました。

 この発明では、Wi-Fiステーションとして動作している機器の再設定にWi-Fi Direct接続をすることで、この問題を解決します。

 特許第6184105号 キヤノン株式会社
 出願日:2013年1月25日 登録日:2017年8月4日

続きを読む


Wi-Fiのビーコンを利用して農業機械の状態を送信できる発明 クボタ

図1

 従来、農業機械の状態を無線通信経由で知るにはさまざまな処理が必要があり容易でないという問題がありました。

 この発明では、農業機械がWi-Fiのアクセスポイントになっていて、アクセスポイントの状態をSSIDに含めてのビーコンで送信します。これにより、無線通信を確立せずに農業機械の状態をスマホに送信できます。

 特許第6154712号 株式会社クボタ
 出願日:2013年9月30日 登録日:2017年3月30日

続きを読む


アンテナ切替周期を変えて受信ダイバシティでの受信確率を上げる発明 パナソニック

 家庭内ネットワークのアクセスポイントの受信ダイバシティ技術に関する発明です。従来、この技術では、適切なアンテナで受信できない問題があり、この問題を解決する発明です。

 この発明のアクセスポイントは、アンテナが正常に受信できた比率に等しくなるようにアンテナ切り替え周期を設定します。これにより、無線信号を正常に受信できる確率を上げることができます。

 特許第6128489号 パナソニックIPマネジメント株式会社
 出願日:2013年5月21日 登録日:2017年4月21日

続きを読む