「 車載 」一覧

車両の緊急時オペレータとの通話のために車載スピーカの音声出力を抑制する特許発明 マツダ

図1

 従来、車両(自動車)の車載スピーカの制御において、緊急時の通話のためにスピーカ電源を遮断する技術があります。しかし、スピーカ電源を遮断するとスピーカの故障と判断され、対処が必要になるという問題があります。

 この発明では、原則的にはCANネットワーク経由でスピーカの出力抑制制御をし、それができないときに例外的にスピーカの電源を遮断する制御をします。これにより、緊急時の通話を実現しながら、スピーカの故障と判断されることを回避することができます。

 特許第6252996号 マツダ株式会社
 出願日:2016年3月23日 登録日:2017年12月8日

続きを読む


ユーザの状況に適応してコンテンツを提供するカーナビの特許発明 デンソー

図1

従来、ユーザの状況によっては、カーナビが提供するコンテンツをユーザが見ることができない問題という問題があります。

 この発明では、車両に乗車しているユーザのスマホの状態を把握してユーザへのコンテンツの送信を制御します。これにより、ユーザの状況にあわせてコンテンツを提供し、ユーザがサービスを受けることができるようになります。

 特許第6224386号 株式会社デンソー
 出願日:2013年9月9日 登録日:2017年10月13日

続きを読む


車両センサより車車間通信を優先してドライバに報知する運転支援装置の特許発明 マツダ

図2

 従来、車両センサと車車間通信の両方の報知のタイミングが不適切になる問題があります。

 この発明では、車車間通信で検知した車両を優先してドライバに報知します。ドライバが目視できない車両の検知をする車車間通信を優先するためです。これにより、ドライバへの報知のタイミングを適切にします。

 特許第6238016号 マツダ株式会社
 出願日:2014年12月2日 登録日:2017年11月10日

続きを読む


カーナビにWi-Fi接続するスマホをアプリのアカウント名で選択できる特許発明 アルパイン

図1

 従来のカーナビでは、Wi-Fi接続するスマホをMACアドレスで選択するようになっていて、MACアドレスからスマホを識別するのは困難であるという問題がありました。

 この発明のカーナビでは、Wi-Fi接続するスマホをアプリケーションのアカウント名で選択できるように表示します。これにより、ユーザがスマホを識別するのが容易になります。

 特許第6184844号 アルパイン株式会社
 出願日:2017年8月4日 登録日:2013年11月20日

続きを読む


車両とスマホのGPSを利用して停車車両内での乗車位置の推定精度を上げる特許発明 SUBARU

図1

 従来、停車している車両内でのユーザの乗車位置の推定の精度が低いという問題がありました。

 この発明では、車両と端末で取得される、2つの時刻の位置情報を用いて位置をユーザの乗車位置を推定します。停止している車両であっても、過去に移動していたときの2つの時刻の位置情報を使うことにより、ユーザの乗車位置の推定をすることができます。

 特許第6161216号 株式会社SUBARU
 出願日:2015年11月30日 登録日:2017年6月23日

続きを読む