「 無線LAN 」一覧

画面の代わりにボタン操作でデバイスを決定するデバイスサーバの発明 サイレックス

 従来のデバイスサーバは、画面をもたないホスト機器から利用できないという問題がありました。この問題を解決する発明です。

 この発明のデバイスサーバは、デバイスサーバとホスト機器に搭載した操作ボタンを使ってデバイスを決定します。これにより、画面をもたないホスト機器からデバイスサーバを利用できるようにあんります。

 特許第6118969号 サイレックス・テクノロジー株式会社
 出願日:2013年5月31日 登録日:2017年4月7日

続きを読む


無線LANとNFCを併用した通信でのファイル転送の無駄を防ぐ発明 キヤノン

 ファイル転送が途中で切断されると無駄になるという問題を解決する発明です。

 この発明の通信装置は、例えば無線LANとNFCの2つの無線通信をします。NFCの通信が切断されたときに、ストリーミングをしている場合には無線LANの通信を切断せず、ファイル転送をしている場合には無線LANの通信を切断します。これにより、ファイル転送が途中で切断されることを回避できます。

 特許第5843453号 キヤノン株式会社
 出願日:2011年3月9日 登録日:2015年11月27日

続きを読む


無線インターロック通信でリアルタイム性向上と通信量削減を両立する発明 村田機械

 パラレル通信と無線通信を用いたインターロック通信において、リアルタイム性の向上と、通信量の削減との両立が課題となっていました。この課題を解決する発明です。

 この発明の通信装置は、インターロック通信にエラーが発生しているか否かを判定し、エラーの発生の有無に応じて無線通信の周期を調整します。これにより、リアルタイム性の向上と、通信量の削減との両立を図ります。

 特許第6052132号 村田機械株式会社
 出願日:2013年10月22日 登録日:2016年12月9日

続きを読む


複数の省電力APの一部を起動させなくしてさらに省電力化する発明 ATR NEC通信システム

 従来の省電力AP(アクセスポイント)を用いた無線通信システムでは、起動信号を受信した省電力AP全部が起動して消費電力が増大してしまう問題があります。この問題を解消する発明です。

 この発明のアクセスポイントは、省電力APの一部の起動を抑制します。これにより、無駄な消費電力の発生を抑制することができます。

 特許第5883968号 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 日本電気通信システム株式会社
 出願日:2015年3月24日 登録日:2016年2月12日

続きを読む


体温の変化と普段の傾向との両方を得られる貼り付け式体温計の発明 オムロンヘルスケア

 従来の貼り付け式体温計では、人の普段の体温の傾向がわからないという問題があります。この問題を解消する発明です。

 この発明の貼り付け式体温計は、設定期間ごとの体温を受信機に送信するとともに、さらに、体温が急変したときの体温を受信機に送信します。これにより、体温の大きな変化があったことを知るとともに、人の普段の体温の傾向を知ることができます。

 特許第6036133号 オムロンヘルスケア株式会社
 出願日:2012年10月4日 登録日:2016年11月11日

続きを読む