「 WiMax 」一覧

スリープ中の無線ルータのWANインタフェースを選択起動する発明 KDDI

JPB_0005858814_fig6

 この無線ルータは、複数のWAN側インタフェースと、LAN側インタフェースを有しています。複数のWAN側インタフェースをスリープさせている状態でLAN側インタフェースからウェイクアップ信号を受信すると、受信にしたウェイクアップ信号を解析して、どのWAN側インタフェースを起動させるかを決定します。「ウェイクアップ信号」というのは、この無線ルータをウェイクアップさせるための特別な信号で、起動させるWAN側インタフェースを示す情報を含む情報です。
 これにより、通信に必要なWAN側インタフェースだけを起動させる、つまり、通信に不要なWAN側インタフェースを起動させることを抑制することで、消費電力を低減することができます。いわゆるモバイルルータに適用可能な技術です。

 特許第5858814号(特開2013-162476) KDDI株式会社
 出願日:2012年2月8日 登録日:2015年12月25日

続きを読む


IP通信品質が劣化しそうな時に通信網を切替えて未然にロスを防ぐ発明 NECプラットフォームズ

JPB_005801112_fig1

 IP網、PSTN(公衆交換電話通信網)、WiMax網を通じて音声通信(VoIP)を行う通信装置に関する発明です。IP網で通信を行っているときに、IP通信の品質が劣化する可能性が高い事象を検出すると、通信に用いる網をIP網から、検出した事象に応じてPSTN又はWiMax網のような他の通信網に切り替えます。

 これにより、IP通信の品質の劣化により音声通信品質が低下することが未然に回避されます。携帯電話やスマホに適用可能な発明です。

 特許第5801112号(特開2013-5386) NECプラットフォームズ株式会社
 出願日:2011年6月21日 登録日:2015年9月4日

続きを読む