「 輻輳制御 」一覧

車載ネットワークの空きタイミングを予測して遅延を低減する発明 トヨタ

JPB_0005843020_fig1

 車載ネットワークでの通信メッセージ(以降「メッセージ」)の送信方法に関する発明です。この発明の通信装置は、ネットワークを監視し、ネットワーク上にメッセージが流れているタイミングを取得します。
 そして、取得したタイミングに基づいて今後にネットワークにメッセージが流れないタイミングを予測し、その予測したタイミングにメッセージを送信します。これにより、メッセージの送信タイミングを他の通信装置とずらすための調停(アービトレーション)が生じることを抑制し遅延を低減します。

 特許第5843020号(WO2014/045354) トヨタ自動車株式会社
 出願日:2012年9月19日 登録日:2015年11月27日

続きを読む


他の車載装置の通信パラメータと輻輳レベルに基づき輻輳制御する発明 NEC

JPB_0005804178_fig1

 他の車載装置との間で行う無線通信の輻輳を回避する車載装置に関する発明です。通信相手の車載装置の通信パラメータを取得するとともに、無線通信の輻輳レベル(混雑度合い)を測定します。

 そして、測定した輻輳レベルが所定範囲を逸脱した場合に、輻輳レベルを所定範囲内に収めるように自装置の通信パラメータを調整します。通信機能を搭載したカーナビなどに搭載可能な技術と考えられます。

 特許第5804178号(WO2013/125140) 日本電気株式会社
 出願日:2012年12月18日 登録日:2015年9月11日

続きを読む


Eメールの送受信が多い端末ほど次の送受信を遅らせる中継サーバの発明 パナソニック

JPB_0005799215_fig1

 電子メール(Eメール)の送受信の中継を行うサーバ装置に関する発明です。

 このサーバ装置は、情報端末とメールサーバとの中間に位置しており、これらの間でやりとりされる電子メールの中継を行うときに、過去に中継した電子メールの数量が多い情報端末ほど、次に中継をする機会を遅くします。

 その結果、複数の情報端末それぞれが中継する電子メールの送受信量の差が小さくなるように調整されます。

 特許第5799215号(特開2012-129802) パナソニックIPマネジメント株式会社
 出願日:2010年12月15日 登録日:2015年9月4日

続きを読む